本文へスキップ

汚職・腐敗と闘う国際NGO


TI-Jとはtransparency international japan


― 設立背景
background
 TI の日本支部であるTI-J は、大学教授や市民オンブズマンらが腐敗防止に関心のある専門家が集まり、腐敗問題に関する意見交換の場として2000年頃から活動を始めました。2005年春、NPO法人トランスペアレンシー・ジャパンとして東京都の認証を受けました。
 同時に、ドイツに本部のある国際NGOトランスペアレンシー・インターナショナル(TI)本部から日本の公式チャプター(提携団体)としての認証を受けました。TIのチャプターは支部と訳すものの、本部と対等な構成員です。国連本部と加盟国のような対等な関係です。
 TIーJはTI本部及び海外のチャプターと連携をとりながら、腐敗防止に関するさまざまな調査・啓発活動を行っています。


― 設立目的 mission
 腐敗防止のために、調査研究および広報啓発活動よって腐敗に反対する世論を喚起することによって、個人および組織が腐敗防止に真剣に取り組むような一つの大きな流れを、国際NGOとして創り出すことを狙いとしています。

― 主な活動 activity
 TI の日本における窓口として、CPI(腐敗認識指数)や各種調査の実施支援、広報を行っています。また、研修やシンポジウムを通じて世界の贈賄法制や国別の腐敗取締状況の公表を行っています。
 汚職・腐敗により、途上国では経済発展が阻害され、先進国では財の浪費・経済非効率や格差の拡大、不正、社会の閉塞が生じるため、社会システムの健全化を促す施策の提案や啓蒙・啓発活動を続けています。


  【活動の柱】
(1)腐敗の問題に対する市民の関心を掘り起こす(社会啓発)
(2)腐敗に関する内外の情報を収集・分析し、社会に発信する(情報の収集発信)
(3)腐敗防止に関する具体的な提言を行う(政策提言)
(4)腐敗防止に関する政策が実施されているかどうかを検証する(政策の検証)

― 役員一覧 board menbers
理事長     若林 亜紀  ジャーナリスト、元日本労働研究機構研究員          Aki Wakabayashi
副理事長    大内  穂  元アジア経済研究所総合研究部長、元日本福祉大学大学院 教授 Minoru Ouchi
事務局長    池田  毅  弁護士                           Tsuyoshi Ikeda 
理事(倫理担当)黒田 達郎  元情報公開市民センター 理事 Tatsuro Kuroda
理 事      高橋 剛   NPO法人リトル・ビーズ・インターナショナル代表 Go Takahashi
監 事     石橋 秀樹   税理士
Hideki Ishibashi
顧 問      西垣建剛    弁護士 Kengo Nishigaki


― 開示情報
 Open Data
定款 Mission  ●行動規約 Ethics Code
個人情報保護方針 privacy policy

事業報告書 Annual Report & financial statements
2015年度
2014年度
2013年度
事業報告2012  ●会計報告2012  

ROI

information店舗情報

トランスペアレンシー・ジャパン

〒140-0001
東京都品川区北品川 一丁目
   9番7ー1015号
TEL: 080-7026-1672
FAX: 03-3445-9364
MAIL: information@ti-j.org
→sitemap